株式会社 コムクラフト
     TOP > 通信・マイクロ波部品 > ACI Materials > ダイアタッチ接着剤 製品案内 採用情報 会社概要 お問い合わせ サイトマップ HOME ENGLISH
製品案内
高電圧部品
通信・マイクロ波部品
RF・大電力部品
X線・センサー機器
航空・宇宙・医療用部品
トータルサプライサービス
ケーブル・コネクタ
コンデンサ
スイッチ・リレー
サイトマップ
製品案内
 
ACI Materials
(エー・シー・アイ マテリアルズ社:アメリカ)



  ●導電性・ストレッチャブル ダイアタッチ接着技術

      ダイアタッチ用導電性接着剤

             柔軟性を有する導電性接着剤による熱応力緩和で、
             ダイチップの損傷を防ぎ回路の信頼性を向上させる技術をご紹介します

◆ダイ接着技術の革新的ソリューション

ACI社のストレッチャブルダイ接着剤である "TM1077" により、熱膨張率の大きく異なる2つの素材を接合する事が可能になりました。ACI社の有するキャビテーション技術を利用した接着剤により、温度変動により異なる挙動を示す2つの物質間で柔軟性を発揮して部品や接合面のクラック発生を防止し、優れた接着性、耐久性と導電性・熱伝導性を併せ持つ特性を有します。

◆ラージサイズのダイチップ搭載を実現

ACI社の導電性・フレキシブルダイ接着剤 "TM1077" を用いることで、従来のハンダや導電性接着剤では実現できなかった、より大きなサイズのダイチップ搭載を可能にします。この優れた接着剤は導電性と熱伝導性を併せ持ち、銅平板上のメタライズドセラミックRF透過窓など、熱膨張率の異なる物質を電気的・機械的に接続する事を可能にします。


◆"TM1077"接着剤に対する熱衝撃テスト

ACI社製 "TM1077" ダイアタッチ接着剤を用いて、20mmのシリコンダイを金メッキ銅基板に接合しテストを実施しました。

試験方法:
  A: TM1077を用いてダイを接合した供試体
  B: 一般的なダイアタッチ材料を用いて接合した供試体

試験条件・サイクル:
  温度幅-40℃〜+150℃の熱衝撃試験、1,800サイクル

1,800サイクルの熱衝撃サイクル後に両供試体の部品の損傷を調べ、ダイせん断強度の変化を確認しました。
TM1077を用いた供試体は界面破壊やダイ割れなどの不具合は1個も発生せず、全数ダイシェア劣化無しであった一方で、一般的なダイアタッチ材料で接合された供試体は全数故障という結果でした。


"ACI TM1077"と一般的なダイアタッチ材料
〜せん断強度保持率の対比〜


    ◆製品データシートをご希望のお客様は、 こちらのページ をご参照の上、弊社までご請求ください。


 ●お見積のご用命、お問合せ等は こちらのフォーム または電子メール info@comcraft.co.jp までお気軽にご連絡下さい。
copyright(C) 2003 COMCRAFT Corporation All Rights Reserved.